ホーム>特集>「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW」 中山秀征インタビュー

「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW」 中山秀征インタビュー

レッツゴーヤング

歌謡ポップスチャンネル×ニッポン放送×日本音楽事業者協会がお届けする「演歌・歌謡曲ライブ」番組。 中山秀征がベテラン、中堅から新人歌手まで今旬なゲストを招き、公開収録ならではの臨場感でアーティストたちの素顔にも迫ります!
これまで数々の番組で司会を務め、演歌・歌謡曲にも精通する「ヒデちゃん」こと中山秀征さんに、想いを語ってもらいました。

 

歌謡曲が好きだから素直に嬉しい

中山秀征の有楽町で逢いまSHOW

━━━━━まずは、この番組のパーソナリティが決まった感想をお願いします。
僕はもともと歌謡曲がすごく好きなんです。僕らの時代は70年代・80年代の歌謡界全盛期の時代で、子供のときからそこで育ってるんですよね。だから今回ゲストに来てくれるのは北島三郎さんをはじめ、僕が子供のときからすでに大御所だったんじゃないかなという方たちで、いわゆるひとつの“憧れ”なんです。それに僕は歌が好きだから、好きなジャンルの仕事でもあります。だから率直に嬉しいし、ワクワクする仕事だなと思いました。

?今は、歌が非常に細分化されていていろんなジャンルがありますけれども、昔の歌謡番組はアイドル歌手もいれば、演歌歌手もいたり、ロックスターもいたりとあまり型がなかったんです。だからできればこの番組もいろんな歌手の方たちが出て来られるような歌謡番組にしたいなっていうのがありますね。

中山秀征の有楽町で逢いまSHOW

━━━━━歌謡曲という文化を伝えていきたいというような気持ちも強いのではでないですか?
はい、強いですね。うちの実家は工場なのですが、僕が生まれたときからその工場ではいつも歌謡曲が流れていたんです。従業員の人たちはそれを聞きながら仕事をするのが日常でした。だから演歌もポップスも聞いていたし、60年代・70年代くらいの歌謡曲はほとんど聞いていたんじゃないかな。まさにそこで流れていた曲の歌手の方たちがまだ今も第一線で活躍しているということで、とても不思議ですよね。

━━━━━その第一回目のゲストが大御所中の大御所・北島三郎さんですね。
うちは永谷園の工場だったので、永谷園の「すし太郎」を家でも詰めてたんですよ(笑)。だからものすごい縁を感じましてね。まさかここでお会いできるとはという感じですよね(笑)。その時のメインキャラクターが北島三郎さんですから、子供のときから親しみがありまして。対談では2時間くらい話をしましたね。

 

想い出の歌謡曲は殿さまキングス「なみだの操」

想い出の歌謡曲は殿さまキングス「なみだの操」

━━━━━子供のころに聞いた歌謡曲の中でも印象に残っている曲はありますか?
殿さまキングスの「なみだの操」がすごく好きでした。非常に難しい大人な曲ですよ。これを僕5歳くらいで歌ってるんです。それはそれは、おばちゃんたち喜んで(笑)。意味もわからず一生懸命歌っている姿に面白さ、かわいらしさがあったと思うんですよ。ヒデちゃん歌ってって言われるとよく歌ってましたね。そうするとおばちゃんたちが喜んでくれるっていうのも今日の自分、まずはスタートラインの一つの入り口だったんだと思いますね。

殿さまキングズが僕の地元に来たときに、僕はとにかく握手がしたくて、ふと気付いたときには親元を離れて一番前に行って、何かあげれば喜んでくれるんじゃないかと思って、食べかけのチョコレートを半分あげたんですよ(笑)。今思えばなんてひどいことをしたんだってね(笑)。そういう想い出がありますね。

想い出の歌謡曲は殿さまキングス「なみだの操」

━━━━━今回公開収録でショーとして見せるというのもまた意味があるのではないですか?
やっぱりお客様も楽しみでいらっしゃるでしょうし、今まで見たことのない方たちも来てくれるようになるといいですね。お客様の層も若い子や子供がいてもいいと思うんですよ。そして歌手の方はお客様の前で歌うというが一番いい。いわゆるプロの、プロならではの見せどころでしょう。歌は一人で歌ってるとうまい方たちはたくさんいるかもしれないけれども、お客様の前で“伝わる曲”とか、“しみる歌”ってのはやっぱりプロならではではないでしょうか。そういうためにやっぱりお客様がいたほうがショーとしては正しいんじゃないかと思いますね。

それで僕みたいな子がまた出てくるかもしれないですし。お客様の前だったから宮地さんにチョコレートを渡せたわけですもんね(笑)。僕5歳くらいで喜んでいるわけですから。そういうことが起きてほしい。それがやっぱり歌謡曲の強さじゃないかなと思います。

 

演歌・歌謡曲のルーツを感じてほしい

演歌・歌謡曲のルーツを感じてほしい

━━━━━2006年から演歌・歌謡曲番組の司会もされていますが、演歌・歌謡曲の歌手の方との交流はありますでしょうか?
普段なかなか演歌・歌謡界の方々とはお会いする機会がなかったので北島三郎さんをはじめ皆さんがすごく親しみをもってくださっているのはすごくうれしいですよね。今回この番組は一人ひとりとじっくりトークができるので、本当に楽しみです。

演歌・歌謡曲のルーツを感じてほしい

━━━━━どういうお話を聞きたいですか?
僕は、“なぜその道を選んだのか”というその方のサクセスストーリを聞くのがすごく好きなので是非聞いてみたいですね。みんなに勇気与えられるような話ができるといいかなと思います。

━━━━━食わず嫌いな若者たちに演歌・歌謡曲の良さを中山さんなりに言うとすると?
昔の演歌・歌謡曲って歌詞がすごくいいのが多いんです。たぶん今の子はカラオケだと古い歌を歌う子は意外といたりするんですよね。だけど本物を知らない。やっぱり本物を見てほしいなっていう、ルーツを感じてほしいなというのはありますね。

子供のころから演歌・歌謡曲に慣れ親しんでこられた中山秀征さんがお届けする「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW」。
これまで受け継がれてきた素晴らしい演歌・歌謡曲を、新たな情報発信基地、有楽町から皆様にたっぷりお届けしていきます!

  • レッツゴーヤング

今月のおすすめ

TOP

Copyright © 2013 IMAGICA TV Corp. All Rights Reserved.