特集

放送は終了しております。
1970年~80年代に一世を風靡したアイドルやアーティストなどの当時のライヴ映像を厳選してお届けする「ゴールデンライヴシリーズ」。
今回2012年10月からスタートしたシリーズ第2弾は、人気アーティストバンドに着目!
懐かしの名曲をライヴとともに振り返ります!

安全地帯 ONE NIGHT THEATER 1985

安全地帯 ONE NIGHT THEATER 1985

今年でデビュー30周年を迎えた安全地帯。 1985年8月31日と9月1日に横浜スタジアムで行った 屋外ライヴの模様を放送します。
大ヒットした名曲「悲しみにさよなら」「ワインレッドの心」などを熱唱する安全地帯の圧巻のステージをお楽しみください!


【歌唱曲】
♪「ワインレッドの心」
♪「碧い瞳のエリス」
♪「悲しみにさよなら」
♪「恋の予感」
♪「熱視線」
♪「We're alive」  他


「安全地帯 ONE NIGHT THEATER 1985」放送日程はこちら

ライヴコラム

 1985年8月31日・9月1日の2日に渡って開催された、安全地帯の横浜スタジアム・ライブ。
 83年リリースの「ワインレッドの心」の大ヒットによりテレビ出演が一気に増え、ファン層の幅が広がる一方、瞬く間にヒット・チャートを駆け上っていくという影響力の強い世界に入り込んでいった彼ら。そんな複雑な環境の中でもまれる内にボーカル・玉置浩二の感性は的確に時代をつかむところまでグレードアップしていったのです。

 8thシングル「悲しみにさよなら」が爆発的ヒットを記録する中で行われたこのライブは、3rdアルバム『安全地帯III~抱きしめたい』に収録されている「Lazy Daizy」からスタートしました。骨太で硬質な音が会場の空気を振動させ、そこに歌声に誘発された観客の歓声が混ざっていく……玉置の「今、4枚目のアルバムを制作してます。今日は、その新曲もやります」というMCによって、客席を埋めつくした人々のボルテージは一気に上がっていきます。

 作詞家・松井五郎氏が玉置浩二の作曲におけるセンスをさして、このような言葉を残しています。「彼のメロディには最初から言葉があるみたいだ」と。そのセンスから生み出された数々のヒット曲が、哀愁漂うボーカルとバンドのアンサンブルでさらに魅力を増していくのです。時には観客の心に染み入り涙を引き出し、時には会場ごと躍らせてしまう……そんなかれらが作り出したスタジアム・ライブの空気感に飲み込まれてみてはいかがでしょうか?

バックナンバー

安全地帯
安全地帯
小比類巻かほる
小比類巻かほる
チューリップ
チューリップ
アリス
アリス
BUCK-TICK
BUCK-TICK
TM NETWORK
TM NETWORK
やしきたかじん
やしきたかじん
KAI BAND
甲斐バンド